なんなの日記

年末は紅白とガキ使と第九を一度に見ます。

コメントはお気軽に。

カテゴリ: 書物

最近、三島作品を読んでいる。
高校の時に金閣寺に失敗して以来だ。

とは言っても、特に理由はない。高尚な感じがするからだ。人が中学高校の時点で済ましてきた(かもしれない)ことを今になってやっている、ただそれだけ。

雨のなかの噴水
(中学の時、教室に置いてある中学生向け短編集的なのに入っていて朝読書の時間に読んだことある。ちなみに、同じ本に入っていた「メリー・ゴー・ラウンド」は忘れられない。三浦哲郎という人の作品らしい 読書の時間に読む本 中学3年生

海と夕焼

命売ります
(市立図書館で、もうちょっと読み残しがある。急いで読みたい。これサイコー) 

憂国
(今日は帰りに(意を決して)、三島自選短編集『花ざかりの森・憂国』を買った。それ所収)

今日はほかにも、志賀直哉「城の崎にて」、川端康成「伊豆の踊子」を読んだ。あと、金閣寺や雪国にも目を向けたが断念した。 

あと、新潮から出ている文豪ナビの三島由紀夫にいい言葉があった。29頁、「仮面の告白」についての部分。
成長とか成熟とか、しなくてもよいのに、人は別の人格へと脱皮したいと願う
そうか、しなくてもいいんだ。
まあ、成長・成熟って、なんだかそれ自体で「よい」ものに思えるけど、でもよくよく考えると、成長・成熟も何かの手段なんだよね(目的って、よき生とかかな?)。

そう考えれば、よき人生とか、幸せをほかの手段で達成できる、より効果的に達成できるなら、別段、成長・成熟を追い求める必要ってないよな。うんうん。


三島由紀夫さんって、作品の幅が広いですよね。金閣寺や憂国みたいなのを書くと思えば、今で言うラノベみたいなのも。不道徳教育講座も。そんで詩や戯曲、かと思えば肉体改造から音楽。そして最後にはあれですからね。

作家の人生を理解することで、作品の理解がより深まる。もっと言えば、作品に否が応でも作家の生き様が反射してしまう。それに目を向けずにはいられない。そういうのが「文豪」っていうんだろうな。



という偉そうなことを月光を流しながら書きました。

金曜ロードショー『時をかける少女』

つらいなあw

魔女おばさん、魔女だなあ…

ああ千昭帰っちゃったなあ…

と思いながらのラスト、エンディング


んぬぬぬぬぬぬ!!!!!!!!!!!!!!!

ガーネットが!!!!!

流れない!!!!!!!!!!!

代わりに次週ターミネーター3 デデッデッデッデ

うっそーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

それまでは、蔵書から田中慎弥『図書準備室』を。難解。
そんな17日夜でした。


ちなみに16日は台風でずっと中。
『ゴールデンスランバー』や電子辞書で芥川の『河童』を読んだ。


15日は昼から夜までずっと図書館。 
『あるキング』を読み終え、『何者』の佳境で時間切れ。

途中、ちくま文庫の三島由紀夫全集的なのも読んだ。
「海と夕焼」「真珠」

また、夕暮れどき、外からデモっぽい音が。
反原発なら金曜日のはず、とかなんとか思いながら外に出ると、安保法案へのデモだった。委員会強行採決後ということで。 


『あるキング 』から
どんなに連敗を続けても、どんなに屈辱的な試合を経験しても、耐えていれば、それでいい。
仙醍キングスは勝った、負けたではなくて、そこに在ることが大事なのだ。紅葉みたいなものだ


『図書準備室』から
 人間はな、余裕があっては純粋になれない。
(72頁) 

もはやわが国は崩壊に瀕しているといっていい。沖縄は? ビルマは? 残念ながら一敗地に塗れたといっていい。では本土決戦は? 「これとても御存知のように勝算はまったくない。これで戦争はなお敗けていないということはできないと思う。明らかに敗けておるのである
阿南陸相は激しく抗弁した。個々の戦闘には敗けたが、戦争の勝負はついていない。「陸軍と海軍ではこのへんの感覚がちがうのである」
「この原案ではいままでの大本営発表がすべて虚構であったということになる。それに戦争は敗けてしまったのではなく、ただ現在好転していないだけの話である
その彼らに、「戦勢日に非にして」などという彼らの努力を無視するような判定をどうしてあたえられようか。彼らは義務の命ずる以上のことをやりとげている、しかしなお「戦局好転せず」、やむなく終戦と決するのである。それが陸相の心であった。陸相に、米内海相や東郷外相ほどに敗戦の感覚がなかったのは事実である。しかし、それが全陸軍の感覚でもあった。そして陸相は陸軍の強烈な意志のただひとりの代弁者であった。
「いいかね、書記官長、戦勢日に非にして、戦勢日に非にしてだよ。この点は絶対に訂正するな」
(123-126頁)

「この点、陸軍大臣の主張のように修正することにしよう」
(136 頁)

「戦局日に非にして」が、はじめ「戦局非にして」となり、さらに阿南陸相の主張で「戦局好転せず」となり、ついで「戦局必ずしも好転せず」と修正されて、やっとまとまった
(159頁)
半藤一利『決定版 日本のいちばん長い日』 

然ルニ交戰已ニ四歲ヲ閱シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庻ノ奉公各〻最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス
『大東亞戰爭終結ノ詔書』


ところで、「戦勢日に非にして」と「戦局(必ずしも)好転せず」、どちらの表現が今の自分に合うだろうか。どうも、「日に非にして」の気がする。 日に日に状況が悪化しているのではないか。

が、「日に非にして」が普通になると、突如としてガクッとなったときに比べると衝撃は少なくなってくる。 なにも好転していないのに。ジリジリと悪くなって、すくなくとも何の打開策も見つからないのに。以前よりなにも良くなっていないのに。

今では、なるようになれ、というか、もう自分の努力の範疇の外のことを考えている。どこかにある均衡に向かって動き出すのを待っている。自分からは何もしたくない。何も。だって、「いっしょうけんめいやっても…」なのだから。 

昼間、十三の冥府を読み終えた。冗長とはこのこと。

夜は大学図書館。ニューズウィークや鷲田清一の本を二冊ほどパラパラしたあと、リリーフランキーの美女と野球を読んだ。最高に最低で、最強にジャズだった。

image


image


CSではねとびを見ながら(堤下プロポーズ)。

電子辞書に入っている『人間失格』を1日未明に読んだ。

「しかし、お前の、女道楽もこのへんでよすんだね。これ以上は、世間が、ゆるさないからな」

世間とは、いったい、何の事でしょう。

人間の複数でしょうか。

どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。

けれども、何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、しかし、堀木にそう言われて、ふと、

「世間というのは、君じゃないか」 

という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。

(それは世間が、ゆるさない)

(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)

(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ) 

(世間じゃない。あなたでしょう?)

(いまに世間から葬られる)

(世間じゃない。葬るのは、あなたでしょう?)
けれども、その時以来、自分は、(世間とは個人じゃないか)という、思想めいたものを持つようになったのです。

そうして、世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意思で動く事が出来るようになりました。 

ここ一年くらい、企業というものや、オトナの社会というものに強い恐怖感、自分とは別個の集団であるという言い知れぬ感じ、そういうものを感じてきた。 これはうまく言い表せられないけれど、彼らへの恐怖を言い表せないということが、言い知れぬ恐怖・拒絶感を生んできたのだろう。やつらは「得体がしれない」と思っているんですね。

だから、ドキュメント72時間のような、酷道マニアのような、そういう世間の主流を外れたテレビが好きになっていった。

それが、「所詮個人だ」と思うだけでどうにかなるとは思わない。思わないが、立ち向かう、その勇気を起こす、ひとつのチャンスにはなるかもしれない。そう思った。

↑このページのトップヘ